トレース 科捜研法医研究員の追想ネタバレ第3話【想いもよらなかった真実が】

f:id:hitomirisa:20170704170014j:plain

 

 

>>無料試し読み<<

 

 

 


 

トレース 科捜研法医研究員の追想ネタバレ

第3話「誰の言葉も信じない 前編」

 

 

 

社会的反響の大きい事件では

緊急でのDNA型鑑定を要求

されることがある

 

 

虎丸巡査長の担当する事件で

真野とノンナが担当することに

 

 

父親を刺したと男から通報があり

警官が現場に向かったら

 

 

部屋の入り口で娘が座って

ガタガタ震えている!

 

 

中に入ると父親がメッタ刺し

ソファーには「私がやりました」と

息子が座っている!

 

 

「人血であればそのDNA型を

鑑定してくれ」

 

 

被疑者の着衣

被疑者の口腔内細胞

それと凶器の包丁1本

 

 

出血しているのは父親だけ

息子は無傷

 

 

虎丸巡査長が

「包丁も着衣もありゃ全部父親の血だな」

 

 

真野が「真実(ほんとう)にそうかな

キモチワルイね」

 

 

その場が不穏な空気に!!

 

 

ノンナが必死に取り繕ってwww

融通が利かない人って言葉選びが

下手くそなんだよね~!!

 

 

「僕は誰の言葉も信用

しない」

 

 

真野は言いそうだねwww

 

 

着衣から細かく検査しようとしたら

ノンナが「1か所で充分じゃないですか?

捜査員も敏速な回答を求めていますし」

 

「君は何のために鑑定するの

捜査員のため?ちがうだろ」

 

「真実のためだ

そして真実を教えてくれるのは

鑑定資料だけだよ」

 

真野が言っていることがノンナには届かない

 

 

鑑定結果全て父親のDNA型と同型

ただし包丁の根本の一か所だけは

 

 

女性の血が!!

 

 

それから被疑者(兄)のズボン右腰

それと包丁の柄には

 

 

精子があった!!

 

 

虎丸巡査長は

「まだ俺たちが把握していない真実

があるようだ!!」

 

 

 


 

 

 

 

>>>まんが王国<<<

 

トレース 科捜研法医研究員の追想を検索してください